2016年09月29日

ゴトについて色々①

ゴトとは・・・基本的には「パチンコ店が意図しない方法で客が大量の出玉を獲得するもの」を指す。

とウィキに書いてありますが、


正確には大量じゃなくてもゴトはゴトです。


私は過去16年パチンコ業界におりまして、その殆どは新潟での勤務でしたが、一時期関東圏のお店にも勤務しておりました。関東のゴト師来店頻度の高さは半端ない!およそ2年位でしたが、様々なゴト師が現れました。

スロット台をこじ開けて基盤交換してる現場に遭遇したり、知らぬ間に遊技台の上皿左側(現金サンドで丁度隠れる位置)に穴あけられたり、3階建てのビルの建物2階の壁に穴を開けられて海物語の基盤交換されてたり・・・


少し話は逸れますが、ある店長が某全国一番チェーン店で実際に使ってるハーネスというのを持ってきて、それを自店の海物語に繋いでました。 
どうやら開店基盤のような動きになるらしく、それをつなぐことで開放後の初当たり具合が良くなるらしいです。
※嘘か本当か某全国一番チェーン店では新台開放されるとその一列はボコボコ当たって全員箱を積むという話。
結局の所、真偽のほどは定かではありませんでしたが。。。(ハーネスに基盤がついていたかどうかは私は確認しておりません。)


そういうきな臭いお話は枚挙に暇がないです。


※実際の所、店舗側ってそんな専門知識持ってる人間がいるわけではないので、知り合いの業者のつてっていうのがパターンです。お店側がどんな意図があって危険な橋を渡るのかというと、そこまでの意識(絶対遠隔するぞとか)は無い場合が殆どで、軽いイタズラ的な意味が多いのかな と思うわけです。
一部の本部主導の場合は別(それは本気)。本部主導の場合はやる気満々で裏物なりを設置するわけです。
色々な空気(警察&他店)を読みながら。チクリも半端ない世界ですからね。



次回からは実際のゴトと店舗が対策として行っていることについて書いてみたいと思います。










【関連する記事】
posted by ken at 23:20| Comment(0) | ゴト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください