2016年09月30日

ゴトについて色々②

ゴトについて続編です。

ゴトといっても種類が半端ないですし・・・

時代とともに旬のゴトがありました。

パチンコ、スロットでゴトの種類は当然変わってくるわけですが、特にスロットはゴトが分かりづらい(発見しづらい)です。


昔はゴトといったら体感機とかセット打法とか

いわれがちでしたが、その辺てキズが無いとできないもの。


そのキズも昔のことなので謎でしか無いのですが、体感機だったら現在はメーカー側が対策しているので今後体感機が使える機械は出ないでしょうし、セット打法というのはそもそもソレが通用するように仕組まれたモノですから。



実際体感機が狙えるような機種で割りと最近となると大都関係まで遡るでしょうか?

レバーにカバーつけて体感機使えない対策してたのを見覚えある方もいらっしゃるでしょう。

ゴト師じゃない一般の方は打ちづらくてしょうがないw

懐かしい話ですね。


※遊技台には自作で部品を取り付けてはいけません。当時は自作でゴト部品を見えるところに取り付けたり、ドリンクホルダーを両面テープで取り付ける店がありましたが、今だと結構な問題になりますw


本当に気づかない間にゴトられるといったら、クレマンくんコイン投入口にセルを差し込んで一瞬でクレジットを満タンにするというヤツですね。

緩いお店なら全く気づかれないで初当たりまでそれで遊技、初当たりまでの投資を大幅に軽減し、大当たりを引いた時に紛れて何回かクレジットを満タンにして通常より多めにメダルを出す とか、自動補給のお店ならひたすらクレジットを落として実際のメダルを獲得するということもできます。

前者が基本で後者は出したメダルを交換しなければならないので中々難しいと思います。


【クレマンくんはホールコンピュータ上でデータとして載らないメダルを存在させる】というゴトなので、異常データが出にくいんです。

通常のホール営業では定期的にデータチェックをして、異常データがないかチェックをしています。

例えば、通常ゲーム時の払い出し率、大当たり時の払い出し玉数、確変中(時短中)の払い出し率
を機種毎にある程度目安を立てておくわけですね。※すごく簡易的に書いてます

で その目安の数値と比較して多い少ないを見る
↓↓
多い少ないがあった場合、何が原因で異常データになったのか?を確認していく。
↓↓
明らかな異常数値だった場合は普通なら気づいて遊技台を確認にいくわけです。


異常数値が出る原因も色々あるわけですが、それがゴトだった場合は既にやられてしまっているというわけです。

【異常データで分かるゴトというのは既にやられている】


じゃあデータに載るゴトとは何か?

例えば釘曲げ系ブドウ

盤面にセル等を差し込んで釘を曲げるとか、ブドウというのは玉を盤面上に固まらせて葡萄のように詰まらせるヤツです。わざとブドウを作ってボコボコスタートチャッカーに玉を入れるゴト。

釘曲げも同様にスタート数値、払い出し率の数値が異常に上がりますね。

スロットはデータ上で分かるゴトって殆ど無いので、現場でゴトに気づかないともうお手上げです。


クレマンくんは危なくなったら(バレそうになったら)外へ出て捨てますw

大体ゴト師は一人で来ないのでマークされたことに気づいたら、相棒に渡して証拠隠滅です。

関東圏では外でクレマンくんを売ってるおっさんがいたり・・・
※買っちゃダメですw


おっと 長くなったのでここで〆ます。


また次回!







【関連する記事】
posted by ken at 10:07| Comment(0) | ゴト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください