2016年10月29日

イベント@

今は無理ですが・・・


4号機の歴史と合わせて外せないのは


やはり【イベント】でしょう。


考え方はお店(設定師)によりますし、基本毎日何かしらイベントと銘打ってアピールすること(内容が全台設定@だったとしても)はまさに『普通』でした。


実はイベントを全く何もしないお店が『一番強い』というのが真実なのですが(営業的には)、やはり競合店との兼ね合いもあり、イベントでの集客が重要であることは間違いありません。


説明すると長くなるので簡単に言うと

所謂『射幸心』というやつですね。


このイベントは出そう(勝てそう) あの台はあれだけ出てる(から私の台も出るかも)

前のイベントでは勝った(から勝てるかも)


・・・という流れですね。


4号機の時代は今ほどネットが一般的では無かったこともあって、口コミ、評判というものも見えづらく、

過激な出玉の店が云々なんてのも雑誌で知るまでは分からなかったですね。


関東の電車にのれば何十という店舗を回れる土地の方はさぞ大変だったでしょう。


一方地方都市では一旦お店を決めると中々次の候補店には行きづらい(移動に時間が掛かるから)状況ですし、大挙して人が押し寄せるようなイベントはグランドオープンくらいでした。





posted by ken at 14:49| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: