2016年09月29日

アステカ

エレクトロコインジャパンより1999年1月に発表

asuteka.png

B-CTタイプ。
Bタイプ(ボーナスゲームが2つ)とCT機能付き


CT機は【ウルトラマン倶楽部3】などの代表作がある付加機能付きの遊技機。(チャレンジタイム)

〈ウィキより一部抜粋〉
特定役後、いずれかのリールを無制御(=停止ボタンを押したリール位置で直ちに止まること。いわゆるビタ止まり)にすることにより、目押しで自由に小役を揃えられる状態(ただしリプレイとボーナスを除く)。原則Bタイプの機種に搭載でき、規定差枚数到達か規定プレイ数で終了するものがほとんどで、それらの機種では規定差枚数ギリギリで小役取得をコントロールして引き延ばすことで、規定プレイ数までメダルを減らさずボーナス抽選を受けることができた。ウルトラマン倶楽部3やアステカ等で人気を博し一時代を築くが、AT機やST機の登場により下火になった。


概要としては上記の通りですが、何よりビジュアル、BGM、高設定域での出玉性能がとにかく秀逸。

1/2で突入するCT(最大150ゲーム継続)に入るかどうかで出玉に大きく影響を及ぼすので、低設定でも一撃の夢があり、短時間勝負でも魅力的な機種であった。

故に大ヒット機種となったが、甘めのスペックでお店としては使いづらい機種であったとも言える。

兄弟機にワードオブライツ。後継機にデルソル2など。



機械割
8c0c3264dc46be10045a5fc034a55461.png



リーチ目
d2eebac10303918678ad61bd62a4b6ea.png


個人的にも非常に打ち込んだ一台。CT中に油断して取り切りパンクしてしまうこともあったのは良い思い出w

展開次第で大きく出玉推移が変わってしまうので、余裕を持って遊んだ記憶もあまりない。

稀有な荒波台でした。

posted by ken at 16:33| Comment(0) | CT機 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。